2019-09-20 14:38 JST

18 Gran Reserva Carménère

エイティーン グラン・レゼルバ カルメネール
Level
Gran Reselva
Variety
Carménère
Appellation
D.O. Maule Valley
Winemaker
Claudio Gonçalves
Bottling
En origen
Alcohol
13.5º

Special Characteristics

Las uvas provienen de una selección especial de cuarteles 3 y 12 de nuestras mejores viñas de Villa Alegre, Valle del Maule, que son especialmente manejados y controlados con una máxima carga de seis toneladas por hectárea (2.4 toneladas por acre) y alta exposición de la fruta, produciendo un vino altamente concentrado para poder guardar. De este vino, 20% es guardado en tanques de acero inoxidables para maximizar los sabores, entregar taninos maduros y excelente color. El vino es envejecido en barricas francesas nuevas por aproximadamente 12 meses; y, producción total es de alrededor de 50,000 botellas.

Vineyards

The grapes come from our estate vineyards in Villa Alegre, 285 km south of Santiago in the Maule Valley. The soils are derived from volcanic ash and consist of sandy to sandy-loam earth. The vineyards are flat and receive an excellent exposure to sunlight. The yields are carefully controlled so as to produce concentrated and elegant wines.

Climate

The Villa Alegre region of Chile has a Mediterranean- style climate. Winter rains are plentiful and summers are dry with marked temperature variations between day and night, thereby allowing the grapes to obtain superb tannin development as well as excellent aromas and color concentration.

Vinification

The Cabernet sauvignon grapes were harvested a few days before. In order to extract color and aromas the must underwent skin contact at low temperatures prior to alcoholic fermentation during five days. The must is then fermented in stainless steel tanks with selected yeasts at temperatures ranging between 26° to 28°C during a ten days period.. The wine is then left to macerate for twenty additional days in order to extract tannin and then placed in oak barrels eighteen month, 80% French oak and 20% American oak. At the end the wine is bottled without filtering to maintain its extraordinary qualities.

Notes From Our Winemaker

This is an intense, complex wine with aromas of pepper, Black berries, red peppers and hazelnut. In
the mouth it has a good structure, with velvet tannins, Ideal as a company for roast beef, pork, pasta
and fresh cheese

Recommended Serving Tempreture

16° - 17°C

18 Gran Reserva

  • * Gran Reserva level

私たちが作るワインはシンプルな18という名前ですが、チリのスペインからの独立を讃えたものです。1810年9月18日に自治政府を設立し、スペインとの数々の戦いの後、1818年2月、独立を達成しました。このブランドは、私たちのワインへの愛と忍耐の精神を元にようやくつくりあげることができました。

これらのワインはテラベンディータ社の上質なブドウ園から小さなバスケットで注意深く手で運ばれ, オークの樽で長い月日熟成されたハーモニアスな極上のワインです。

背景

アメリカの独立やフランス革命に影響されて、チリのクリオーリョ(現地生まれのスペイン人)の間には植民地支配に対する不満が強まり、ナポレオンのスペイン侵入(1808)をきっかけに独立を要求する動きが強まり、1810年9月18日に招集されたサンティアゴ市議会は自治政府を設立し、貿易の自由を宣言するとともに国民議会を招集した(現在もこの日がチリの独立記念日として祝われている)。これに対してペルー副王は本国政府の命令を受けてチリに軍隊を派遣した。チリ軍は、ホセ・ミゲル・カレラ、ベルナルド・オイギンス(元ペルー副王の子)の指揮のもとで激しく戦ったが、1814年のランカグアの戦いで敗れた。しかしアルゼンチンに逃れたオイギンスは、1817年同国のホセ・デ・サン・マルティンとともにアンデス山脈を越えて反攻し、チャカブコの戦いでスペイン軍を破って、翌1818年2月独立を宣言した。これによりオイギンスはチリ独立の父とよばれる。

ベルナルド・オイギンスは、当時はスペイン帝国ペルー副王領の一部であったチジャンに生まれた。父であるアンブローシオ・オイギンスはアイルランド・スライゴ州出身のスペイン政府官吏で、母は現地の女性でチジャンでも評判の美人。父アンブローシオがペルー副王になると、ロンドンへ留学。彼はここで南アメリカ独立の気運を知り、南アメリカ独立を目指した結社ロヒア・ラウタロに入会した。

Our wines, simply called 18, honour Chile’s Independence Day; and, the indiginous, proud locals who managed to reconquer its lands from the Spanish on 18th September 1810. This brand underlies our spirit of perseverance and love of the land… and of course all it produces.

These wines were hand picked, with the utmost care, in small baskets from the very best parcels within our premium vineyard sites, aged in oak for several months, resulting in these complex, harmonious wines.